Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web11/3/7/0240473/www.ekurashi.info/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

e暮らしのために

話題のNews、情報をまとめてお届けします!

<

ニーチェが言うルサンチマンがよく分からん

   

ニーチェが言うルサンチマンがよく分からん

1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/29(日)15:42:36 ID:sRT
嫉妬や僻みを隠して正当化したらマズイですよ!ってことか

ニーチェによれば、ルサンチマンを持つ人とは「本来の『反動』、すなわち行動によって反応することが禁じられているので、単なる想像上の復讐によってその埋め合わせをつけるような徒輩」[1]である。

ルサンチマンを持つ人は社会的弱者であり、自身では社会的格差を解消できず、一般的な価値観を否定したり、逆転した価値判断を行っている。如何ともしがたい社会的格差を前にして、価値判断を転倒させ、自分の無力を正当化し、社会的強者を攻撃してしまう精神性は、反社会的行動にも繋がって行く。社会的強者であれば、権力を行使して自身を取り巻く状況を改善することが出来るため、仮にルサンチマンを持ったとしても、短期的に解消可能である。こうしたルサンチマンの表れの例として、敵を想定し、その対比として自己の正当性を主張するイデオロギーにある。こういったイデオロギーは、敵が悪の元凶とし、だから反対に自分は優れていると主張する。「彼らは悪人だ、従ってわれわれは善人だ」ということになる。敵として想定される存在は、自分に無力を感じさせる対象が選ばれる。例えば、貧困状態に無力を感じるルサンチマンの敵としては資本家が設定される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ルサンチマン

【閲覧注意】世界でも類を見ないやばさの猟奇事件って何?

200px-Nietzsche1882
続きを読む


合わせて読みたい関連記事:

 - 未分類

×
カンジダ