Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web11/3/7/0240473/www.ekurashi.info/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

e暮らしのために

話題のNews、情報をまとめてお届けします!

<

関が原の「永久戦犯」 宇喜多秀家がなぜ殺されなかったのか

   

関が原の「永久戦犯」 宇喜多秀家がなぜ殺されなかったのか

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2017/11/11(土) 12:48:26.39 ID:7/LgpiC+0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
関ヶ原の戦いで29歳の若さながら西軍の副大将をつとめ、最前線で奮戦した「備前中納言」宇喜多秀家。
敗戦後は八丈島に流罪となり、84歳まで生きた。

石田三成や小西行長など西軍諸将が処刑されていく中で、“最大級の戦犯”であるはずの秀家は「なぜ」殺されなかったのか!?

◆“脇役”だった宇喜多秀家が注目を集める

岡山城をつくった戦国大名・宇喜多秀家と妻の豪姫役に選ばれた男女を先頭に、武者行列が入城していく。

岡山市で毎年行われる「秋の桃太郎祭り」(10月7~9日)の一貫として10月8日、「宇喜多秀家☆フェス」が
岡山城天守閣前広場を中心に行われた。今年で9回目となり、年々来場者が増えているという。

宇喜多秀家といえば、岡山57万石の太守で五大老の一人とはいえ、関ケ原で西軍に属した石田三成、大谷吉継、
島津義弘などと比べて知名度はかなり低い。歴史小説やドラマなどでも非常にマイナーな存在だ。今年公開された、
岡田准一さんが石田三成役で主演をつとめる映画『関ケ原』でも、宇喜多秀家はほんの一瞬しか登場しない。

ところがここ最近、その宇喜多秀家に注目が集まっているのだという。

https://www.excite.co.jp/News/column_g/20171110/Spa_20171110_01427719.html

宇喜多秀家(岡山城蔵)
no title


続きを読む


合わせて読みたい関連記事:

 - 未分類

×
カンジダ