Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web11/3/7/0240473/www.ekurashi.info/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

e暮らしのために

話題のNews、情報をまとめてお届けします!

<

男性「ずっと守るから結婚してくれ」→「あっ津波が来てる!自分だけ逃げよ!」→その後wwwwwwwwwww

   

男性「ずっと守るから結婚してくれ」→「あっ津波が来てる!自分だけ逃げよ!」→その後wwwwwwwwwww

1:風吹けば名無し:2021/03/12(金) 13:17:38.74 ID:qBYI/hPT0.net


岩手県陸前高田市の職員、阿部将人さん(38)は、あの日の津波で、婚約者を亡くした。市民環境課の職員伊藤 寿江 としえさん(当時29歳)。震災の翌月、一緒に婚姻届を出すはずだった。

「津波が防潮堤を越えた。早く逃げろ」。激しい地震の後、市役所前の公園に飛び出すと、誰かの叫び声が聞こえた。離れたところに伊藤さんの姿が見えていたのに、声をかけられなかった。4階建ての市役所の屋上に駆け上がると、黒い波がみるみる迫り、隣の3階建ての市民会館はのみ込まれた。伊藤さんは、そこに逃げ込んでいた。半月ほど後、遺体が見つかった。「守ってやれながったな、ごめん」とわびた。

出会いは、職員らの食事会。笑顔がすてきな人だった。レストランに行き、スノーボードも楽しんだ。2010年の暮れに仙台市のケヤキ並木で、「ずっと守るから」とプロポーズすると、「よろしくお願いします」と応じてくれた。

 「なぜ守ってやれなかったのか」「あの時、強引に市役所へ連れて行けば」と何度も自分を責めた。彼女がいないなら働いていく理由もない、後を追ってしまいたいとも考えた。

伊藤さんと中学校以来の親友だった女性と結婚したのは5年前だ。伊藤さんの思い出話をしながら結ばれた。2人で報告に行くと、伊藤さんの両親も祝福してくれた。

https://www.yomiuri.co.jp/shinsai311/news/20210311-OYT1T50129/

4:風吹けば名無し:2021/03/12(金) 13:18:43.98 ID:kvOX/OBZd.net


再婚してて草だ

5:風吹けば名無し:2021/03/12(金) 13:19:19.52 ID:XrfoMgZ8a.net


ん?

続きを読む


合わせて読みたい関連記事:

 - 未分類

×
カンジダ