Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web11/3/7/0240473/www.ekurashi.info/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

e暮らしのために

話題のNews、情報をまとめてお届けします!

<

ついに少子化に歯止めか!? 妊娠届の減少止まる コロナ禍の影響落ち着き

   

ついに少子化に歯止めか!? 妊娠届の減少止まる コロナ禍の影響落ち着き

WS000025

1:ボラえもん ★:2021/08/31(火) 13:12:00.28 ID:ZL7e/Uv59
厚生労働省は27日、全国の自治体が今年2~4月に受理した妊娠届の件数を公表した。
公表済みの1月分を加えると累計で30万4425件で、前年同期比1・2%減だった。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年は月によっては1割超の大幅減を記録したが、今年に入り、下げ幅が鈍化する傾向もみられる。

 妊娠届は、妊婦の9割以上が妊娠11週までに自治体に届け出る。
厚労省によると、今年2月の届け出件数は7万747件(同1・0%減)、3月は8万1717件(同4・3%増)、4月は7万3908件(同2・2%減)――だった。

 1回目の緊急事態宣言が発令されていた2020年5月は前年より17・6%減り、同7月も1割以上減ったが、その後は徐々に回復。
20年は前年比4・9%減の87万1754件だった。
厚労省の担当者は「人口減少や未婚化で、妊娠届は例年、減少傾向にある。今年は例年並みの減少幅に落ち着いている」とみる。

 少子化問題に詳しい日本総研の藤波匠上席主任研究員は「新型コロナの病態や感染防止策が明らかになり、妊娠を控える動きも収まったのだろう」と話す。

一方で、新型コロナがもたらす長期的な影響について「若年層の雇用の不安定化や未婚化に拍車がかかる恐れがある。
今後の人口急減を食い止めるには、若年層への支援が急務だ」と指摘する。今年の出生数については「81万人程度」とみている。【中川聡子】

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d6776f0d689d0ee899737cc6fdc2db80f4fffda

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1630383120

続きを読む


合わせて読みたい関連記事:

 - 未分類

×
カンジダ