Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web11/3/7/0240473/www.ekurashi.info/wordpress/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

e暮らしのために

話題のNews、情報をまとめてお届けします!

<

【悲報】朝倉未来、傷害罪に該当する可能性 w 弁護士「より重い傷害罪に当たる可能性がある」

   

【悲報】朝倉未来、傷害罪に該当する可能性 w 弁護士「より重い傷害罪に当たる可能性がある」

1:風吹けば名無し:2021/11/22(月) 20:44:26.07 ID:dqpd7xDk0.net


フィフィ
@FIFI_Egypt
朝倉未来に勝ったら「1000万円」企画、合法といえるの?
プロ格闘家が、いくらケンカ自慢とはいえ、素人相手をボコボコにしてしまう展開、ネット上では「合法といえるのか」「決闘罪にあたるのでは」という批判も強い。
https://news.yahoo.co.jp/articles/feebabe43435b5b69b8941be8ab1c97a52cb656f
この企画がまかり通っちゃえば、ヤバいんじゃないの?
https://mobile.twitter.com/FIFI_Egypt/status/1462680638411005957

今回の場合、挑戦者がケガを負うと考えていたかどうかはわかりませんが、誓約書を作成したからといって、「危険の引き受け」ということで、即「合法」ということにならない可能性があります。一般の格闘技イベントのようにはいかないかもしれません。

――ネット上で指摘されている「決闘罪」に問われないのでしょうか?

決闘罪というのは、2人以上の人が、日時・条件などを定めて戦う場合のことをいいます。不良グループ同士のケンカが典型例になります。

日本ではほとんど適用されたことはありませんので、今回のケースが決闘罪にあたるか、どうかはなんともいえません。ただし、決闘罪は、軽い罪のため、今回のようにケガ人が出たような場合、より重い傷害罪にあたるとされると思います。その場合も違法性が問題となるでしょう。

私は、過去に格闘技経験もあり、朝倉さんの動画も好きなのですが、今回のケースは少し行き過ぎたかなという印象です。素晴らしい格闘家なので、リング上で、より強いファイターと戦ってほしいと思います。
(deleted an unsolicited ad)

2:風吹けば名無し:2021/11/22(月) 20:44:34.85 ID:dqpd7xDk0.net


【取材協力弁護士】
西口 竜司(にしぐち・りゅうじ)弁護士
1973年9月生まれ大阪府出身。法科大学院1期生。「こんな弁護士がいてもいい」というスローガンのもと、気さくで身近な弁護士をめざし多方面で活躍中。予備校での講師活動や執筆を通じての未来の法律家の育成や一般の方にわかりやすい法律セミナー等を行っている。SASUKE2015本戦にも参戦した。弁護士YouTuberとしても活動を開始している。
https://nordot.app/835400799031902208?c=642615283276121185
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
(deleted an unsolicited ad)

続きを読む


合わせて読みたい関連記事:

 - 未分類

×
カンジダ